コンテストキック レシーブ編




コンテストキック レシーブ編

引用元:aspire

コンテストキックにはキッカーとレシーバー、そして戦術的なポジショニングが大切になります。
今回はレシーブ編についてかいていきます。

段階的なトレーニング

コンテストキックはポゼッションの再獲得を狙いになります。そのためコンテストできなければ意味がなく、キッカーとレシーバーを分けてトレーニングしていきます。まずは動作をできるだけ細分化していき、段階的にトレーニングしていきます。

  • 上肢
  • コンテスト前(コース取り)
  • コンテスト中

上肢

上肢はボールが体から抜けないように脇を閉じる動作の獲得をしていきます。空中のボールを迎えるようにハンズアップをし、ボールの獲得のタイミングに合わせて吸い込むように胸でキャッチする。これらの動作を獲得するためにまずはジャンプ動作を制限することで上肢に意識を向けてもらいます。

コンテスト前(コース取り)

相手のレシーバーと力ベクトルがお互い進行方向に向くと空中でのコンテストでプレッシャーがかかります。そのためボールの落下地点を予測できたらボーリングのカーブのようなコースでボールの落下地点に入り、力のベクトルを真っ直ぐではなく斜めに取ることでコンテスト時のプレッシャーを軽減することができます。

コンテスト中

空中での正当なコンテストは接触があるので体幹をぶらさない必要があります。タックルバックを高い位置でもち、それに膝蹴りをすることで下肢を真っ直ぐ出し、体幹の安定を保つトレーニングになります。昔はここで半身になってボールを落としてもノックオンにならないようにと、よくコーチングされていましたが、今は空中でのコンテストでどれだけ力が出せるかという考え方になっており、半身よりもスクエアを意識していきます。

まとめ

上肢、コンテスト前、コンテスト中と段階的にトレーニングをしてき、最終的にはゲームで出せるようにゲームセンスを使い、コンテス時の怪我のリスクを減らすためにタックルバックをスイングすることでプレッシャーをかけていきます。次の記事はポジショニング編になります。