2019World Cup日本大会で南アフリカはどのように勝ち抜いたのか 後編




2019World Cup日本大会で南アフリカはどのように勝ち抜いたのか 後編

画像:ロイター

2019 Rugby World Cup日本大会を制した南アフリカをラグビーコーチの主観だけでなく、2019ラグビーワールドカップ日本大会公式HPのスタッツを参考に独自に分析してみました。長くなったので前編・後編と分けていきます。今回は後編になります。

コンテストキックが増えた

ポッド・シェイプだけでは防御を崩せなくなり、プレッシャーを受けるようになりました。そのためフェイズを重ねることがリスクになりました。コンテストキックを使うチームが増え、「スクラム」も比例して増えていきました。南アフリカはストーミング、ディフェンスはもちろん「スクラム」も強みの一つです。ここではスクラムのスタッツとスクラムがゲームに与えた影響を分析していきたいと思います。特にvsWAL戦の最後のスクラムはゲームの勝敗を決定するビックスクラムでした。

スクラムのスタッツ

まずは南アフリカのスクラムのスタッツを見ていきます。

vsジャパン
vsウェールズ
vsイングランド
vsニュージーランド

南アフリカが赤色になっており、ニュージーランドとジャパン戦でスクラムロストしていることがわかります。このスタッツだけではスクラムが成功・不成功しかわからないでのゲームに与えた影響まではわかりません。スクラムにプレッシャーを与えた結果、スコアやテリトリーを稼いだスタッツを独自に3つのスタッツを取ることにしました。

ゲームに与えた影響

  • ペナルティーゴール
  • ペナルティーキック
  • スコア(アドバンテージからBK展開など)
ペナルティーゴール

上記の動画のようにスクラムからプレッシャーをかけてペナルティーを誘い、PGの機会を得たのが4試合で8回あり、そのうちの7回をゴール成功しています。その合計、21点のスコアを獲得しています。つまり総得点の90点のうちスクラムからのプレッシャーをかけたPGだけで総得点の23%を占めています。スクラムが得点の約4分の1であることがわかります。

ペナルティーキック

vs WAL約54分南アフリカ自陣10m付近での南アフリカボールのスクラムからペナルティーを誘発し、Azone(ハーフエー〜敵陣22m)へ進出したのち、ワンプレーでスコアなどを含めました。スクラムから3つペナルティーを誘発してテリトリーを優位に進めていました。3回/1回はスコアに繋がっています。

アドバンテージを活かしたアタック

スクラムでアドバンテージを得ることで、メンタル的にも優位にたちながらアタックをすることができます。vsジャパンのスコアをスタッツに入れてみました。

  • ペナルティーゴール→21点
  • ペナルティーキック→5点
  • スコア(アドバンテージからBK展開など)→5点

スクラムが与えた3つの影響の合計は31点になります。つまり総得点90点/31点になり、スクラムが得点に与える割合は約34%になります。
※トライ後のコンバージョンキックやディフェンスからペナルティーを誘発した後のPGは含まれていません。

まとめ

前編ではストーミング・ディフェンスのスタッツからラグビーコーチの主観の「ディフェンスが良い・キックが多い」ことをスタッツで確認し、南アフリカゲームモデルスタッツを作成しました。後半では「スクラムが強い」ことをこちらもスタッツから確認し、スクラムで約34%得点していることがわかりスクラムがゲームに与えた影響大きいことがわかりました。なぜスクラムが強いかは専門外なのでわかりませんが、ディフェンス・スクラムを各国が攻略していかなければ南アフリカに勝つことが難しいことがわかります。

南アフリカのスクラムが強さの理由、ご存知の方がおられましたらぜひ教えて下さい!!